乳酸菌を詳しく分析
  • ラブレ菌

乳酸菌を詳しく分析

乳酸菌とは発酵によって糖類から乳酸を生産し、それ自身が悪臭を放つ腐敗物を作らないものが乳酸菌と呼ばれています。
この菌は発酵の過程で乳酸をたくさん作り、その乳酸が環境を酸性に変えていくことで、他の微生物の繁殖を妨げ自分自身をたくさん増殖させます。
多くの乳酸菌が人間にとって良い効能があるため、その菌を体に取り入れ、菌を体の中で増やすことにより、善玉菌を増やし色々な病気を体の中から防いでくれます。

乳酸菌はその名前が付く太古の昔から、人々によって親しまれ、病気を防ぐ方法として長く乳酸菌を含む食材が好まれてきました。
人間は昔から、菌の持つパワーに気が付いていました。

ですから、四季があり梅雨や夏の様に高温多湿になる日本では、ウィルスに負けないようにするため乳酸菌を含む食材が愛用されてきました。
味噌や醤油と言う調味料にももちろん含まれますし、納豆の様な発酵食品、漬物やお酒などにも菌は含まれています。
乳酸菌は本当に多くの食品に含まれています

その多くはヨーグルトなど発酵乳製品です。
ヨーグルト、チーズなどは本当に身近な食材です。
乳酸菌は発酵の際ビタミンCも作り出します。
この菌は人間にとっては無くてはならない菌です。
乳酸菌によって人間の体の中にバリアが作られ、多くの細菌から人間を守ってくれる役割をしています。