乳酸菌に関する種類を知る
  • ラブレ菌

乳酸菌に関する種類を知る

乳酸菌には色々な種類があります。その種類と菌の役割につて調べました。
乳酸菌には動物由来の菌と植物由来の菌があります。
動物由来は主に牛乳から作られるヨーグルトやチーズなどに含まれているものです。
植物由来のものは植物が発酵されて乳酸菌が含まれるようになります。

醤油や味噌、漬物などがその例です。
その中でもクレモレス菌は生きたまま腸に届くとして注目されています。
クレモレス菌は胆汁や胃酸にも強く生きたまま腸に届くことによって、腸内環境をより整え、免疫力を上げると期待されています。
同じようにラブレ菌という漬物から発見された乳酸菌も生きたまま腸に届く菌として、免疫力アップやウィルス撃退の効果を期待されています。

その他にもナノ型乳酸菌というナノという非常に小さい粒子にすることで、より体に吸収されやすくしたものや、L‐92乳酸菌というアレルギーに効果があるということで知られている乳酸菌もあります。
ビフィズス菌やヤクルト菌と言われるLCSなども良く知られている菌の一種です。
このように、乳酸菌には色々な種類があります。

その多くは腸内環境を整えることができる菌を含んでいます。
その菌のアプローチの仕方がそれぞれ異なりますが、体にいいものであることに変わりはありません。
乳酸菌で健康で活力のある生活にしましょう。