善玉菌量で人間に欠かす事が出来ない量
  • ラブレ菌

善玉菌量で人間に欠かす事が出来ない量

人間の腸には善玉菌・悪玉菌・日和見菌と3種類の菌に分かれます。
善玉菌は良く知られているように、腸内環境を良く整えてくれる優秀な菌です。
悪玉菌は腸内環境を悪くするボスです。

悪玉菌の発生が善玉菌より多くなってしまうと腸内で問題が起き、便秘や疲れ、その他腸の病気など様々な問題を引き起こす原因になります。
日和見菌と言うのは善玉菌でも悪玉菌でもないその他の菌で、日和見菌は菌が多い方に影響され作用する菌です。
したがって、善玉菌が多い場合は善玉菌をサポートすべく腸内環境を整えるために働きますが、逆に悪玉菌が多い状態ですと、悪玉菌をより多くする作用をします。

ですので、日和見菌の働きを善玉菌よりにするべく、日頃より乳酸菌を取り入れた生活をして、腸内の善玉菌を増やす努力をしたほうが、健康的な生活を送ることができます。
乳酸菌を取り入れた健康的な人で腸内の善玉菌の量は20%だそうです。
悪玉菌は10%で残りの70%が日和見菌です。

このように、善玉菌と悪玉菌のバランスhttp://www.yournameinpictures.com/seizonnsuruakudamakinn.htmlはちょっとしたことで変化します。
ちょっとした気の使い方で常に腸内を健康な状態で保つことも可能です。
善玉菌を腸内に一定に保つためにも、乳酸菌を取り入れた食事をして、健康維持に努めることが、腸内環境を正常化し、万病を防ぐ体作りになります。